近藤商店 暖炉、薪ストーブの事ならお任せ下さい。

暖炉、薪ストーブ、ガス暖炉の販売、設計、施工、煙突掃除メンテナンス

‘blog’

サウナ工事

2019-11-16

ストーブ的にはトップシーズンですが、

合間にサウナの改修現場も進行中です。

既存サウナの内装を解体し、改修工事をしていきます。

2Fに薪ストーブ設置

2019-11-15

夏に薪ストーブを納入した現場へ火入れへ伺いました。

2階リビングに設置です。

レンガの雰囲気もとても味わいがあります。

建物の外観が印象的で、
スウェーデンに建っているような、カラフルな色合いのかわいい家でした。

ストーブは、またまたまたドブレですw

スペック的にも、コストパフォーマンス的にも良いからか人気ありますね。

ネクタ-15CB SS

2019-11-12

平屋の住宅へ納入させて頂きました。

見た目はかわいらしいですが、

高出力なタイプのストーブです。

今回は、プランがコーナー設置だったため、

側面の輻射熱を低減でき、かつ

空気対流を促進できるよう、

サイドシールドのついたものを選びました。

とても感じよく納まりました。

ピキャンネクタ-15CB サイドシールド付(ネクター社)オーストラリア製です。

炉内の点検とお掃除も

2019-11-09

3シーズン目・・・

煤の量はやや多めでした!

このワッフル状の炉床に特徴がありますね。

このストーブは、

シーズン中は、アッシュベットとして灰を残すようになっています。

(灰を利用して炉床の保護と、保温の役割をします)

煙突トップ含め、屋根の上からもブラッシングしていますが、

念のため、炉内から煙突トップを確認。

来週から、そろそろ寒くなるよう?との予報ですので、

早めに、消耗品の交換や、こまめなメンテナンスを!

1/fゆらぎ

2019-11-06

ゆらゆらとゆらめく炎を眺めているだけでも、

とても暖かなステキな時間が過ごせます。

ドブレ640WD/ベルギー/ドブレ社

薪ストーブと吹抜け

2019-11-01

新築現場や、リフォーム工事、既存宅への

薪ストーブや煙突の設置工事

木造、鉄骨、RCなど現場や建築状況によって

その都度の工事を対応していますが、

でもやっぱり、

吹抜け & シーリングファン

この組み合わせが定番ですね。

まっすぐにのびる断熱2重煙突(チムニー)の表面温度は、

だいたい40~70℃くらにもなっていますので(火元に近い方が高く)、

暖房と対流の組み合わせを

考慮しながらうまくプランニングすればより一層の効果も期待できます。

3年ぶり

2019-10-30

3シーズンぶりに

すっきりきれいになりました。

これでシーズンインにむけての準備完了です。

使用頻度にもよりますが、

定期的に必ずメンテナンスをしましょう!

ドブレヴィンテージ50

2019-10-28

迫力の

LARGE SCREEN


この大きなガラスから見える炎は

いつみても飽きない美しさがありますね!

ドブレ640WD

2019-10-26

とてもステキな平屋の住宅に、

ドブレ640WDを納入させて頂きました。

小さなお子様や、ペットのいたりするお宅には

使う時期は子供の成長により限られてしまいますが、

こうして

ハースゲート(柵)があったほうが、安心かもしれませんね。

家族会議でのご検討をw

シーズン前の段取り

2019-10-24

着火剤いろいろ。

焚き付けや火入れの作業。

ワクワクする瞬間のひとつです。

着火剤なんか無しでと、自分なりに拘って火を入れてみるのも醍醐味ではありますが、

ひとまわりして思うのは、

やっぱり手軽なのは着火剤。

最近は種類も豊富です。

もちろんホームセンターなどでよく目にする、

バーベキュー用のものでも十分間に合いますが、

なんとなく物足りなさを感じたときなどは、

着火剤の種類に拘ってみたり、気分をかえてみるのもいかがでしょうか?

ストーブシーズンのたのしみのひとつです。

アウトドアのシーンでも使えますしね。

火のつき具合もみてるといろいろ発見ありますよー。

BLOG更新

event